川崎宿の歴史・文化を伝える、東海道かわさき宿交流館ホームページ

東海道かわさき宿交流館

サイトマップ お問い合わせ
ENGLISH 中国語 韓国語
交流館ブログ
周辺地域情報
運営ボランティア情報
寄付金

2F 展示物紹介

2F 芭蕉 弟子との別れ  「川崎宿ものがたりBOX (装置模型)」 

川崎宿ものがたりBOX 芭蕉 弟子との別れ 写真   「芭蕉 弟子との別れ」は、「川崎宿ものがたりBOX(装置模型)」のひとつです。
装置模型は、模型を背景にした透過パネルに映像を投影する装置です。
「麦の別れ」
ものがたりBOX 麦の別れ 写真 松尾芭蕉は、1694年初夏に江戸を旅立ち、故郷伊賀に向かいました。
弟子たちは、川崎宿の外れまで師匠を見送り別れました。
この年、秋に芭蕉は病で生涯を閉じ、これが永の別れとなりました。
別れの際に芭蕉が読んだ句「麦の穂をたよりにつかむわかれかな」を刻んだ句碑が今も残っています。
ページトップへ