川崎宿の歴史・文化を伝える、東海道かわさき宿交流館ホームページ

東海道かわさき宿交流館

サイトマップ お問い合わせ
ENGLISH 中国語 韓国語
交流館ブログ
周辺地域情報
運営ボランティア情報
寄付金

2F 展示物紹介

2F 旅本

旅本と道具 展示パネル 写真 当時の人たちにとって、一生に数度とない旅の体験を満喫するのに役立ったのは、
「旅本」です。
  
和綴じの旅本
旅本 展示写真 当時の本から複写し、和綴じにより作成したレプリカです。
通常はガラスケースに収めていますが、ご希望があれば、手に取ってご覧いただけます。
      
◆江戸名所図会 :     
 江戸時代後期(1830年代)に発行された江戸及び江戸近郊の名所を案内する地誌。
 全7巻20冊のうち、川崎を紹介する冊子を展示しています。 
     
◆旅行用心集  :     
 旅立ち前の準備から、旅先での注意事項、携行すべき品、船酔いや食あたりの対処など、旅の心得や役立つ情報をまとめた旅の手引書。      

◆東海道中膝栗毛 :      
 十返舎一九による弥次さん喜多さんの滑稽な道中記で、街道の名物や名所が題材として織込まれている。
 川崎宿での場面を含む冊子を展示しています。 
道中記
道中記 展示シート 写真 江戸時代に旅本(現代の旅行ガイドに相当するもの)として、様々な道中記が、冊子状や絵図状の出版物として発行されました。
道中記には、交通、宿泊、土産、見どころ、食べ物等が書かれ、旅で役立つだけでなく、旅への憧れをかき立てる読み物でした。       

道中記の内容を解説したシートは、手に取ってご覧いただけます。
道中記 展示シート 写真 ◆浪花講定宿帳(なにわこうじょうやどちょう)
  浪花講は、安心して泊まることができる旅籠の組合に当たります。
  浪花講所属旅籠の利用案内書です。
  川崎宿では、「浅田や」「新田や」が浪花講に所属していました。

◆東海道名所図会
 東海道を題材とした道中記としては最も古いもの。1797年刊行。  

◆その他道中記
 ◇諸国道中独案内(しょこくどうちゅうひとりあんない)
 ◇諸国細見道中独案内図(しょこくさいけんどうちゅうひとりあんないず)
 ◇諸国道中旅鏡(しょこくどうちゅうたびかがみ)
 ◇両海道日記
ページトップへ